スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【戦術】回避奥義を軸とした基本戦術

前回、麻痺奥義の基本戦術について書きました

今回は回避奥義の基本戦術について書いていきたいと思います

回避奥義は今、主流の奥義ですね
この回避奥義もR1とR2では基本戦術が変わってきます
まずはこの動画をみてみましょう 動画を元に話を進めていきます



まず戦闘開始からテクニック装填の部分について話をしていきますね
戦闘が始まるとお互いに自分の射程距離まで自動的に移動します
そして攻撃が始まるのですが、実際に攻撃が始まるまでに5秒時間があります
装填速度が5秒であれば、攻撃開始時にテクニックが2個貯まっている訳ですね
※実戦(甲板戦)ではポジション移動が無いので注意しましょう
kaimaku.jpg

R1奥義の戦略としてはその装填された2個にR1奥義がきていれば
羽を使う事無く、戦闘準備を整える事ができます
丁度、動画の2戦目がこの状態です
アクションゲージイニシアチィブをいきなり取ることが出来る訳です
仮に羽を使った場合でも装填されるテクニックに奥義が来る可能性があるので
羽が切れた時に奥義が手元にある確率がかなり高い訳です
ougi1.jpg

R2奥義の場合はまず羽を使いテクニックゲージをR2まで上げる必要があります
そこまでは前回書いた 麻痺奥義の基本戦術と一緒ですね
R1に比べて効果時間が長いので長期戦には有利になります
ougi2.jpg

そして回避奥義の鉄則はいかに回避を切れないようにするかです

もし回避が切れた場合は相手との距離を取って逃げましょう
相手が回避有効なのに斬りあってもまず負けます
相手の回避が切れた時に一気に畳み掛ける
自分が回避を引くまで逃げるかのどちらかにしましょう

動画ではヴォルティネスさんはこの鉄則を忠実に守っていますね
逆に私は回避奥義が来ていなくても追い回します
私は追い回す時に回避奥義が手元に来ていても使わずに追い回すので
相手にしてみれば、回避奥義を持っているのか持っていないのかわかりません
もし相手が回避を持っていた場合はリスクがありますがそこは読み合いです
3戦目では回避が無いのに追っていたのが命取りになったのが分かりますね

開幕のイニシアチィブはR1の方が有利ですが長期戦になると効果時間の長いR2の方が断然有利になります
参考までに R1奥義は効果Bで約12秒 R2奥義は効果Aで約16秒です

どちらも一長一短です 自分の戦い方に合わせて好みを見つけていきましょう!

最後に実戦での回避奥義を紹介します 赤い盾のnariさんとの一戦です 
お互いに一歩も譲らず、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい一戦です



 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 駆け引き

私のスタンスはとにかく攻めまくる事w
相手が一瞬でも引いたら そこから迷わず攻めまくりますね^^

まぁリスクも結構高いやり方ですけど その辺は経験でw
相手が回避を引いたら 動きが変わるので 
その瞬間、私も手持ちの回避を使うか 逃げに転じるかするのです

Re: yomomoさん

そうですね^^ 後で見直すと、自分の良い所 悪い所が見えてきますしね

最後は一瞬の駆け引き 回避切れと見せかけ 残しておいた羽を使って一気に畳み掛けましたね^^

駆け引き

kisiriさんが回避かかっていない状態でもガンガン追い回すのが凄いですね…


動画見てて自分が追い回されている気分になって…


コエー((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル ですわーw



No title

なりさん、惜しかったなー! 動画で見ると、とても参考になります^^
プロフィール

kisiri

Author:kisiri
大航海時代Zephyrosサーバー

これから陸戦をやってみたいと思ってる方、もっと陸戦を強くなりたいと思ってる方の為に、分かり易く私なりの陸戦理論を書き綴っていきます

私とお会いした事のある方はもちろん お会いした事のない方、鯖の違う方でも気軽にコメントくださいね^^

*********************

所属/セビリア商会「ReUnion」
複数の商会が合併して出来た商会

商会員まだまだ募集中です!
Tellにて気軽にお声掛け下さい^^

【D2L】陸戦リーグ
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ランキング参加中^^

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。