スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【解説】第11回ナポリ大会

前回、第10回チュニス大会練習不足により3位に転落することになりました
今回はその雪辱を果たす為、練習量を今まで以上に増やし挑みました
大会前日の練習会時点でチームとしてほぼ仕上がっていたと思います
そして今大会から新たに※射程距離50武器に限り攻撃力の上限を200以下制限が加わりました
今まで使用していたゲイボルグを封印し ミョルニルを手に大会に挑みました

第11回ナポリ大会(25.2.17)
(敬称略 予備メンバー略)

1試合:桃太郎侍りたーんず(蒼井俊介 hide 梅花黄蓮)
2試合:百華(シャルロッテ ランディ0908 フェイ・フォン)
3試合:赤い盾・一番隊 feat.RYOMA(でいあふ リョーマ・サカモト アングリード)
4試合:dead drunk(アビガイル 瑠夜 あっぱん)
5試合:Vertical Updraft(呉用 Carrot ゼフィリス・ラウ)
6試合:赤い盾・二番隊(愛花夢 コジュロー 毛毬)
7試合:FANTASY(ウォレット エースレオナルド ファルダム)



3試合赤い盾・一番隊 feat.RYOMA(でいあふ リョーマ・サカモト アングリード)
強豪赤い盾一番隊にブログ隊で活躍していたリョーマサカモトが加わったチーム
全員が個々の能力も高くチームとしてもバランスの取れたチームです

1戦目 特攻力の高いミョルニルを活かし一気に罠師のアングリードを落としにかかります
相手の厚い防御力と相手チームのサポート力により一歩及ばず落としきれません
時間をかけすぎている間に2度罠を踏んでしまい私が落とされてしまう結果
2対3になってからは数の力により試合を制されてしまいます

2戦目 防御力の高さサポート力の高さからリョーマ・サカモトから攻める作戦に変更
開幕からミョルニルの特攻力で一気にリョーマ・サカモトを落としました
そこから相手の攻撃を耐え切り体制を立て直します
3対2になってからは一気に試合を制しました

3戦目 2戦目同様リョーマ・サカモトから落としにかかります
しかし リョーマ・サカモト狙っているのを読まれていました
ランで距離を置きミョルニルのリーチから逃れ逆に私が落とされる結果
リーチの短いミョルニルが仇になりました
2対3になってからはそのまま試合を制されてしまいます

7試合FANTASY(ウォレット エースレオナルド ファルダム)
前回大会では優勝を奪われたので今回は負けを取り返したいところ

1戦目 罠師のウォレットを第1ターゲットとし攻めていきます
相手が罠にかかったところをミョルニルの特攻力で一気に駆逐
落としたのを確認し 瞬時に次のターゲットに攻撃を仕掛けていき一気に落とします
完全に流れを掴んだ試合になりました

2戦目 2戦目も1戦目と同様罠師のウォレットから攻めます
攻める事に気を取られすぎZOEへのフォローが間に合わず落とされてしまいました
2対3になり一気に不利な状況に 体制を立て直す為ランディJrに寄ります
相手の回避切れを待ち 近接して再度ウォレットを落としにかかりました
次は仕留める事が出来て2対2に 回避切れのファルダムを攻めていきます
ランディJrとの連携で仕留める事に成功 そのまま試合を制しました

結果 赤い盾・一番隊 feat.RYOMAに敗れたものの
他の全ての試合でストレート勝利をおさめる事により優勝しました

11taikai.jpg

試合全体を見ても今回のミョルニルへの変更は正解だったように思います
ただ、ミョルニルが絶対に良いという訳ではありません
相手チームの構成によってミョルニルとゲイボルグを使い分ける事により
戦術の幅が広がり更なる進化を遂げれると確信しています

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
スポンサーサイト

【戦術】サポーターとしての基本戦術

以前の記事サポーターのセットサポーターの役割について書いていきました
今回はサポーターとしての実際の戦い方について書いていきたいと思います

以前の記事でも書きましたが、サポーター担う役割が一番多く、難しいポジションです
またサポーターの一番大切な役割の1つ 開幕でブロードを使い全体に回避をかける
これをミスしてしまうとかなりの確率で負けてしまいます
ミスがないように何度も練習しましょう

bro.jpg

では、開幕からの実際の動きを書いていきたいと思います

まず戦闘が開始されると敵・味方共にそれぞれのポジションに自動的に移動します
武器によって射程が違うので移動するポジションが変わってきます
また、戦闘を仕掛ける人を中心にして移動が開始されます
味方全体に回避をかけるにはサポーターの近くに残り2人の味方がいる必要があります
チーム全体の武器構成を考えながら開幕で全体に回避をかけれるようにしましょう

次に全体回避をかけた瞬間に↑ボタンを使用してモーションをキャンセルして罠抜け移動をします
罠抜けについては 【戦術】陸戦テクニック/罠抜け を参照
そして第1ターゲットに通常攻撃をかけつつ、テクニックをキャンセルしていきゲージ2まで上げます
その間に味方の被第1ターゲットダヌで回復サポートしていきます

ここまでが開幕からブロードの全体回避が切れるまでの一連の流れです

ブロード回避が切れたあとはR2回避奥義が装填されるのを待つ
味方にR2回避奥義が装填されるのを察し味方のR2回避奥義を受ける
いずれかにより 回避状態を継続していきます

ブロード回避が切れるまでのわずかな時間にとても役割が多い事がわかりますね
何戦も戦いミスをしないように慣れる事がサポーターにとって重要な事です



 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
プロフィール

kisiri

Author:kisiri
大航海時代Zephyrosサーバー

これから陸戦をやってみたいと思ってる方、もっと陸戦を強くなりたいと思ってる方の為に、分かり易く私なりの陸戦理論を書き綴っていきます

私とお会いした事のある方はもちろん お会いした事のない方、鯖の違う方でも気軽にコメントくださいね^^

*********************

所属/セビリア商会「ReUnion」
複数の商会が合併して出来た商会

商会員まだまだ募集中です!
Tellにて気軽にお声掛け下さい^^

【D2L】陸戦リーグ
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ランキング参加中^^

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。