スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【基本】対人・決闘におけるオリジナル奥義/麻痺奥義編

前回の記事、オリジナル奥義/回避奥義編ではオリジナル奥義とはどういうものかについて紹介しましたね

そこでも簡単に触れましたが、回避奥義以外にも実戦で使えるオリジナル奥義があります
それが麻痺属性のオリジナル奥義です
アンチ回避奥義でもあり、奥義の中では唯一回避奥義に対抗できる奥義となります

回避状態では基本的に通常攻撃は全て回避される状態になりますが
麻痺奥義で麻痺させた場合は状態回復アイテムで回復させる麻痺が切れるまで
回避状態を打ち消すことができます(通常攻撃が当たる)

例えば ソーマをセットしていない相手であれば、麻痺が切れるまで殴りたい放題です
また、ソーマをセットしている相手でも
麻痺奥義を1発食らわせて⇒ソーマで回復⇒麻痺奥義をもう一発
ここまで決まれば勝利は目前です!

ただ麻痺奥義には対抗されることがあり、対抗されれば一気に不利な形勢へと追い込まれます
ですので、この奥義はある意味、博打奥義とも言えるでしょう
安定はしませんが、ハマれば強い奥義です!

では早速作り方レシピを紹介しましょう!
これは私が試行錯誤を重ねて作った最強の麻痺奥義レシピです!

ougi3.jpg

槍フェイントR1をベースに投げ縄範囲仕掛け杭ラピッド槍トリック を組み合わせています
消費ゲージ35で 発動率Aランク 発動時間Aランク です!

あとこの麻痺奥義自体にはほぼダメージがありません。
フェイント属性で作っている為、奥義を放った後の通常攻撃はクリティカルとなります
そのままフェイントでチェーンしていくか、クリティカルを活かして強壮剤等で
一気に仕留めるかそこは戦術によって変わりますね!

また、この奥義はベースの部分を差し替えると別の武器でも同じ奥義が作成できます
例えばこれは弓をベースにしたレシピです

ougi4.jpg

弓フェイントR1をベースに投げ縄範囲仕掛け杭ラピッド槍トリック を組み合わせています

回避奥義が主流の今、みんなと違う奥義で戦いたい!っという方にぜひ使って貰いたい奥義です
回避奥義同士での戦いと違い、勝つも負けるも勝負は一瞬緊張感のある戦いが楽しめることでしょう!

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
スポンサーサイト

【基本】対人・決闘におけるオリジナル奥義/回避奥義編

オリジナル奥義ってのはみなさんご存知ですよね?

知らない方の為に簡単に説明すると習得したテクニックを組み合わせて作る奥義のことです
テクニックを2個以上習得していると作成できます(作成にはローマコイン必要)

このオリジナル奥義、例えばR1の武器テクニックに投げ縄を組み合わせると
麻痺属性のついた奥義が出来たりするんですね!

でも・・・実際に実戦で使えるのって 回避属性の奥義 ぐらいなんです

なぜかと言うと・・・回避奥義が強すぎるからです!
アンチ回避奥義として麻痺奥義も使えない事もないですが対抗されると秒殺されてしまいます・・・
麻痺奥義を1発食らわせて⇒ソーマで回復⇒麻痺奥義をもう一発
ここまで完璧に決まれば勝ちに等しいですが、どこかで対抗されると負ける確率が高いですね

では、実際に回避奥義の作り方レシピを紹介しましょう!

ougi1.jpg

スウィフトをベースに槍トリック弓トリック弓フェイントR1 を組み合わせています

R1の回避なので戦闘開始からすぐ使用(引きは運)でき、効果時間がBで消費が10です
こんな単純なレシピですが、私はこの奥義をいつも使用しています!

では、次にR2の回避奥義のレシピを紹介しますね!

ougi2.jpg

ブロードをベースに ラピッド大樽落とし弓フェイントR1弓トリック を組み合わせています

R2なので戦闘開始直後に使えないのがネックですが
効果範囲が30付いてる奥義になるので範囲内の味方にも回避をかける事ができます
これは艦隊戦をするにあたってとても重要なことです
また、先ほどの奥義と消費ゲージは同じですが効果時間がAランクとなっており
1vs1の場合でも長期戦ではこちらの奥義の方が断然有利です

これ以外にも消費ゲージを増やして効果範囲を広くした回避奥義などもありますので
試行錯誤しながら自分にあった奥義を見つけてみてください

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編3

前回の記事 装備選び実戦編2では対人・決闘用の装備を紹介しました。
今回は陸戦リーグ・陸戦練習会における装備選びについて書いていきたいと思います

まず陸戦リーグ・陸戦練習会とは? っというところから始めましょう
詳細はアルトリア・アーサーさんの† 騎士王の誇り †を見て貰えればわかりますが
毎週土曜・日曜に陸戦練習会、毎月1回陸戦リーグを開催しています。
腕っぷしの強い陸廃やら海賊やら軍人やらが集まって陸戦を鍛えてます

そこでは装備制限のルールがあり
装備合計値400以下制限 攻撃力180以下
※射程距離50武器【剣・杖・棍棒・斧】に限り攻撃力の上限を200以下

と決まっています
今回はそのルール内の装備選びを紹介したいと思います

400制限があるので、400ジャストにするのが一番ですね
400ジャストに近づけるには強化系(ブーツ等)の数値で調整をかけたり
鍛錬具で調整をかけたり、逸品で調整をかけていきます

まず、私が現在リーグで実際に使用している装備がこちら

soubisai2.jpg

武器/ミョルニル(鍛錬強化) 攻撃力120 剣術+2 応用+1
頭/白銀の兜(鍛錬強化)攻撃力18 防御力65  
体/白銀の鎧 攻撃力30 防御力70 
手/ヌァザの手(鍛錬強化) 攻撃9 防御23 応用+1
足/フォルバンブーツ(逸品)攻撃13 防御力22 
アクセ/六韜三略 攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2


チーム戦のアタッカー装備として使用しています
攻撃力制限が200まで可能なので圧倒的な攻撃力を活かして戦える装備です

次の装備は個人戦及びチーム戦でのサポーター装備として使用しています

soubisai3.jpg

武器/ゲイボルグ(鍛錬強化) 攻撃力141 剣術+3
頭/スカリワグハット(鍛錬強化)防御力9 
体/ジェネラルマント 攻撃力30 防御力80 剣術+3 応用+3
手/ヌァザの手(逸品) 攻撃9 防御21 応用+1
足/ファーブーツ 防御力100
アクセ/六韜三略 攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2


槍のリーチ攻撃力を兼ね備えた装備になります 
個人戦で戦うのならこの装備が私の中では最強です
チーム戦でも攻撃力よりリーチを優先したいサポーター装備としても使えます

最後に、チーム戦での罠師装備として使用している装備がこちら

soubisai4.jpg

武器/大将弓(鍛錬強化) 攻撃力110 狙撃+3 
頭/ヴェネチア海軍官帽(鍛錬強化)防御力10  
体/レイヴンジュストコール 攻撃力20 防御力40 
手/愚者の両手 防御力100
足/ファーブーツ 防御力100
アクセ/高句麗弓術書 攻撃力10 防御力10 狙撃+2 投擲+2 剣術+1


最低限の攻撃力を残しつつ防御力を重視した装備にしています
装備を弓にしているのでリーチを活かした戦い方が可能です

個人戦では攻撃力が高い方が有利なことが多いですが
艦隊戦では自分の役割に適した装備セットをする事が大切です
色々なセットを作っておき、使うシーン毎に変えていくことが必要ですね

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編2

前回の記事 装備選び実戦編1普段着&ダンジョン用装備を紹介しました

次はいよいよ対人・決闘での装備ですね! とりあえず↓は私のフル装備状態です

soubisai0.jpg

武器/ゲイボルグ(鍛錬強化) 攻撃力141 剣術+3
頭/白銀の兜(鍛錬強化)攻撃力18 防御力65 
体/復刻白銀飾甲冑(最高逸品)攻撃力14 防御力100 
手/愚者の両手 防御力100
足/ファーブーツ 防御力100
アクセ/六韜三略 攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2


防具選び編で紹介した装備を大体取り入れています

防御重視になっているので 復刻白銀飾甲冑ジェネラルマントに変えるのもいいかもしれませんね
でもこんなフル装備 PKやPKKする時には使えません 
負けない自信があるなら使ってもいいですが・・・

そこで以下は収奪される事も想定したPK・PKK用装備です

soubisai1.jpg

武器/ゲイボルグ(鍛錬強化) 攻撃力141 剣術+3
頭/白銀の兜 攻撃力18 防御力45 
体/ジェネラルマント 攻撃力20 防御力80 剣術+3 応用+3
手/ヌァザの手 攻撃9 防御21 応用+1
足/ファーブーツ 防御力100
アクセ/六韜三略 攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2


ゲイボルグは収奪されないのでそのまま強化品を使います
白銀の兜は収奪される可能性があるのでノーマルを使用(収奪されると堪えますが・・・)
ジェネラルマントに変更して収奪不可にしています
愚者の両手は収奪されるとさすがに堪えるのでヌァザの手に変えてます

腕に自信があっても負ける時は負けます!

収奪されてもどこまで耐えれるか どこまでリカバー(再入手)出来るかを念頭に置きながら
装備選びをしてきましょう!

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編1

前回の記事/装備選び武器編防具編で使えそうな装備を取り上げました

では、それをどう組み合わせて実戦に使うのか
ダンジョン用・PK用・陸戦大会用・ガチ装備と色々な使い方があると思います

以下に述べるのはあくまで私が使ってる組み合わせです
参考にしながら自分の中でのベスト装備を作るのもいいかもしれませんね

まずは普段着&ダンジョン用装備から紹介します

soubi1.jpg

大半が悪名必要なので正直、普通の人には縁のない装備です
コンセプトはそこそこ強くて使い捨て出来る安価な装備
武器/ゲイボルグ 攻撃力80 剣術+3
頭/パイレーツクラウン 攻撃力16 防御力8 速射+1 収奪+1
体/フォルバンコート 攻撃力12 防御力36 操舵+1 砲術+1 水平+1
手/フォルバングロープ 攻撃力8 防御力5 収奪+1
足/フォルバンブーツ 攻撃力12 防御力16 漕船+1
アクセ/六韜三略 攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2 戦術+1


防御力は75とかなり低めの数値になっていますが、回避を上手く使っていけば
防御力など関係ありません
また襲われた場合も中級者レベル相手なら撃退できる装備です

この装備、大半は血塗られた宝箱からいっぱい出てきます
ダンジョンはとにかくよく装備が痛みます 
結構良い装備でダンジョンに行かれてる方もいますが、仕立てが勿体無いので
出来るだけ使い捨て装備で行くのがいいでしょう

一般向けに話を戻しますと
獅子心王の甲冑 ♂/防御力70 突撃+2 剣術+1
スキピオの兜/防御力35 戦術+1 防御+1

辺りが安価で職制限もなくいいかもしれませんね!

調達し易く、安価でそこそこ強い装備セットを見つけてみてください

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘するにあたっての装備選び/防具選び編

対人・決闘するにあたっての武器選びについては前回触れましたが
では防具は・・・? これは本当に悩みます

消去法で 悩まないところからいってみましょう

一番簡単なのはアクセサリーですね(近距離前提で話を進めていきます)

これは六韜三略 一択で間違いないです
六韜三略/攻撃力10 防御力10 剣術+2 応用+2 戦術+1

rokkei.jpg

次、は足装備ですね
足装備の一番の候補はなんといっても ブーツ(防御力100)
レザーブーツ・ファーブーツ・ライディングブーツ とありますが、見た目の違いだけですね
他の候補としては
ドゥクスグリーヴ/攻撃力5 防御力30 応用+2 行軍+1
フォルバンブーツ/攻撃力12 防御力16 漕船+1(悪名必要)

ドゥクスグリーブは応用が付いてるのがいいですね!
フォルバンブーツは悪名が必要なものの攻撃力は一番高いブーツになります

次に 頭装備ですね
白銀の兜が圧倒的に高性能です
白銀の兜/攻撃力18 防御力45 突撃+1 生存+1 統率+1

siroginkabu.jpg

他の候補としては虎頭の兜・ジャガー戦士の兜・パイレーツクラウン・名将のコリュス
がありますね 個人的には白銀の兜以外に有り得ません
他の装備で若干攻撃力が上回ることもありますが、防御力とのバランスですね

次は手装備 手装備も色々候補があるかもしれませんが、やはり愚者の両手(防御力100)ですね
他の候補としてはヌァザの手・アイアンミトン(沈没船)・篭手がありますね
個人的には応用+1が付いてて攻撃力もあるヌァザの手は良いと思いますね!

一番悩むのが体装備 これは本当に悩みます
候補としてはジェネラルマント・復刻白銀飾甲冑・白銀の鎧・レイスコート
レイスコートは攻撃力は一番高いものの防御力が低いのでとりあえず候補から外します
次に攻撃力のある白銀の鎧 これは優秀な装備ですね!職縛りが無いので海事職以外であればこれ1択です
海事職であれば次の2つが候補として入ります
ジェネラルマント/攻撃力30 防御力80 剣術+3 応用+3 突撃+3
復刻白銀飾甲冑(最高逸品)/攻撃力14 防御力100 防御+2 統率+1

ジェネラルマントはやはり応用ブーストがかなり強力ですね!
復刻白銀飾甲冑は防御が100あるので もし応用が足りてるのであれば候補に入るかと思います
(例えば 戈・鉤鎌刀を使用していればジェネラルマントを使わなくてもR20可能)

攻撃力を重視するも防御力含めたバランスを重視するもある程度好みもあるかと思うので
自分に合った装備を見つけることが大切ですね! 

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘におけるテクニックの重要性

対人・決闘するにあたって1番戦局を左右するのがテクニックの装填速度です

テクニックの装填速度は初期は1個のテクニックが装填されるのに20秒かかります
5個テクニックを習得するごとに1秒縮まり、最終的には75個習得すると5秒に1回装填されます

これ習得しても封印してたらカウントされません
普通、対人する場合は罠や商品知識系のテクニックは大半封印するので
武器系テクニックのみで75個習得する必要があります

欲を言うと… 対人戦ではR3やR4の武器テクニックを封印する事が多いです
なので本当は武器テクニックを85個程度習得するのがベストでしょう!

テクニックは艦隊を組んで上げると比較的簡単に上がります
同じ作業を繰り返すことにはなるのですが…1人でやるよりは話ながら出来るのでマシかなとw

装填速度が上がってくると武器の持ち替えを絡ませて1戦闘で200技巧ポイントを得る事もできますね

対人・決闘を始めるなら まずはテクニックを上げましょう!

ちなみに普段の私のテクニックのセット状況です R2以降のテクニックは封印しています

set1.jpgset2.jpgset3.jpg

↓参考動画↓ 最高効率一流のテクニック上げ術



 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘するにあたっての装備選び/武器選び編

対人・決闘するにあたっての装備選びって結構悩みますよね
そう私も常に悩みます!そして未だに答えは出ていません

まず装備で一番大切なのは武器選び!

武器には 主に 剣・槍・斧・棍棒系・ナイフ・銃・弓 の7種類があります

まずは攻撃距離の違い 近距離は 剣・斧・棍棒系
近距離だけどちょっと攻撃距離の長い 
遠距離系だけどちょっと射程の短い ナイフ
遠距離の 銃・弓

近距離系の武器と遠距離系の武器の1番の違いは ガードがあるorない

攻撃されたときに、①通常ダメージ ②ガード ③回避 3種のモーションが出ます
ガードは近距離だけが出来るので基本的に遠距離の武器よりダメージが軽減されます

ただ遠距離系武器は射程が長い分、相手との距離を上手く取れば有利に戦局を進めることが出来ますね
私は近距離系の武器も遠距離系の武器も両方使いますが・・
相手との距離を取って戦えるのは実際は上級者のみ
初心者にはほぼメリットはありません

なので 近距離系の武器を中心に話を進めていきます

剣・斧・棍棒系・槍 の4つが近距離であると書きましたが
単純に距離だけで見るですよね!
でも距離だけでは比較できません 攻撃速度が一番速いのは棍棒系です

じゃぁ は・・・?    メリットはありません

っということで 実戦ではもしくは棍棒系の2択となります

棍棒系はミョルニル1択ですね! 何も悩むところがありません
ミョルニル/攻撃力100 防御力10 応用+1 剣術+2 鋳造+1 
なぜか鋳造まで付いてるお得な装備です
攻撃速度と高い攻撃力を活かして特攻するにはとても良い武器ですが
リーチのハンデがあるので長期戦には向きません

槍はいくつか選択肢があります ゲイボルグ・戈・鉤鎌刀 ですね!
(戈と鉤鎌刀は見た目が違うだけで性能は一緒です)
ゲイボルグ/攻撃力90 剣術+3
戈・鉤鎌刀/攻撃力85 剣術+2 応用+2


攻撃力5を取るか 応用+2を取るか!
どっちが良いとは言えません プレイスタイルによりますね
応用優遇職が多いのであればゲイボルグ 応用非優遇職が多いのであれば戈・鉤鎌刀でしょう!

優遇職になっている事の多い私の愛用の武器はゲイボルグです
自分のプレイスタイル・攻撃戦略に合った武器選びが出来るといいですね^^

gei.jpg gei.jpg

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
プロフィール

kisiri

Author:kisiri
大航海時代Zephyrosサーバー

これから陸戦をやってみたいと思ってる方、もっと陸戦を強くなりたいと思ってる方の為に、分かり易く私なりの陸戦理論を書き綴っていきます

私とお会いした事のある方はもちろん お会いした事のない方、鯖の違う方でも気軽にコメントくださいね^^

*********************

所属/セビリア商会「ReUnion」
複数の商会が合併して出来た商会

商会員まだまだ募集中です!
Tellにて気軽にお声掛け下さい^^

【D2L】陸戦リーグ
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ランキング参加中^^

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。