スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【目録】陸戦入門から応用

ここまでで陸戦入門から応用までを一通り書いてきました
目録としてまとめたいと思います

装備
対人・決闘するにあたっての装備選び/武器選び編
対人・決闘するにあたっての装備選び/防具選び編
対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編1
対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編2
対人・決闘するにあたっての装備選び/実践編3

テクニック
対人・決闘におけるテクニックの重要性
対人・決闘におけるテクニックセット

アイテム
対人・決闘におけるアイテムセット

奥義
対人・決闘におけるオリジナル奥義/麻痺奥義編
対人・決闘におけるオリジナル奥義/回避奥義編

対人・決闘
麻痺奥義を軸とした基本戦術
回避奥義を軸とした基本戦術
遠距離武器を使用した基本戦術

記事で分からない部分があれば気軽にコメントください^^

ここまで書いた事を一通り理解し、実践することが出来れば
陸戦中級者相手であれば、まず負ける事はないでしょう

あとは数多くの相手と戦い経験を積むことです

毎週土曜日にはリスボン・日曜日にはロンドンで陸戦の練習会もあります
初めての方でも是非参加してみて下さい
最初は負けてばかりになるかもしれませんが、絶対に強くなっていきます
練習会の詳細は † 騎士王の誇り † にて

リスボン練習会での様子 3on3艦隊戦


これを機に陸戦を始めたり、強くなりたいと思って頂いた方へ

少しでも陸戦に興味を持って貰いたいと思いこのブログを始めました
これを機に陸戦を始める方がいれば嬉しい限りです

ここで記載している事はあくまで私自身が思っていることであり
私自身が戦術として使っている事です これがベストではありません
もっと良い戦術があると思いますし、もっと強くなる事も出来るはずです
これを参考に自分なりの戦い方を見つけてみて下さい

お声をかけて頂いたらいつでも決闘のお相手をします^^
kisiri.jpg

いつか何処かで剣を交える日が来ることを楽しみにしています!

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
スポンサーサイト

【戦術】遠距離武器を使用した基本戦術

前回まで近距離武器を使った戦術を書いてきましたが、今回は遠距離武器での戦い方を書いていきます

まず把握しておくことは遠距離武器と近距離武器の違いですね
射程が違うことはもちろんですが、ガードが無いのでダメージを多く食らいます
ですので、戦い方としてはいかに相手との距離を取りながら攻撃を食らわず倒すかですね!

その為には回避奥義が必須ですので、回避奥義を軸として書いていきます

ougi1.jpg

まずはこちらの動画をご覧下さい これを元に話を進めていきます



1戦目ですが、羽をかけた瞬間から逃げのスタンスを取っていますね
回避を引くまでは常に逃げのスタンスを取りながら戦います
逆に相手が回避切れで逃げのスタンスを取れば、遠距離武器はかなり有利に進める事ができます
距離が長い分、テクを一気に叩き込めるからです 貯めていたテクを一気にチェーンさせましょう

2戦目も1戦目と同様に常に逃げのスタンスを取っているのがわかりますね
最後に畳み掛ける際に、相手が攻撃可能な距離まで来る間に2発程先にテクを放っています
射程距離の長さを有効に使った戦い方ですね

3戦目ですが2発目の縄を食らって逃げれなくなっているのがわかりますね
ガードが無い分、1度動きを止められると死んでしまう確率が高いのです
ですので、遠距離武器相手に縄を使うということはとても有効な戦い方ですね

私は近距離武器を使う場合は常に攻めのスタンスを取りますが、遠距離武器では常に逃げのスタンスを取ります
上級者向けの武器になりますが、射程距離を有効的に利用すれば強い武器です
近距離武器で十分戦えるようになれば、使ってみるのも良いかもしれませんね

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【戦術】回避奥義を軸とした基本戦術

前回、麻痺奥義の基本戦術について書きました

今回は回避奥義の基本戦術について書いていきたいと思います

回避奥義は今、主流の奥義ですね
この回避奥義もR1とR2では基本戦術が変わってきます
まずはこの動画をみてみましょう 動画を元に話を進めていきます



まず戦闘開始からテクニック装填の部分について話をしていきますね
戦闘が始まるとお互いに自分の射程距離まで自動的に移動します
そして攻撃が始まるのですが、実際に攻撃が始まるまでに5秒時間があります
装填速度が5秒であれば、攻撃開始時にテクニックが2個貯まっている訳ですね
※実戦(甲板戦)ではポジション移動が無いので注意しましょう
kaimaku.jpg

R1奥義の戦略としてはその装填された2個にR1奥義がきていれば
羽を使う事無く、戦闘準備を整える事ができます
丁度、動画の2戦目がこの状態です
アクションゲージイニシアチィブをいきなり取ることが出来る訳です
仮に羽を使った場合でも装填されるテクニックに奥義が来る可能性があるので
羽が切れた時に奥義が手元にある確率がかなり高い訳です
ougi1.jpg

R2奥義の場合はまず羽を使いテクニックゲージをR2まで上げる必要があります
そこまでは前回書いた 麻痺奥義の基本戦術と一緒ですね
R1に比べて効果時間が長いので長期戦には有利になります
ougi2.jpg

そして回避奥義の鉄則はいかに回避を切れないようにするかです

もし回避が切れた場合は相手との距離を取って逃げましょう
相手が回避有効なのに斬りあってもまず負けます
相手の回避が切れた時に一気に畳み掛ける
自分が回避を引くまで逃げるかのどちらかにしましょう

動画ではヴォルティネスさんはこの鉄則を忠実に守っていますね
逆に私は回避奥義が来ていなくても追い回します
私は追い回す時に回避奥義が手元に来ていても使わずに追い回すので
相手にしてみれば、回避奥義を持っているのか持っていないのかわかりません
もし相手が回避を持っていた場合はリスクがありますがそこは読み合いです
3戦目では回避が無いのに追っていたのが命取りになったのが分かりますね

開幕のイニシアチィブはR1の方が有利ですが長期戦になると効果時間の長いR2の方が断然有利になります
参考までに R1奥義は効果Bで約12秒 R2奥義は効果Aで約16秒です

どちらも一長一短です 自分の戦い方に合わせて好みを見つけていきましょう!

最後に実戦での回避奥義を紹介します 赤い盾のnariさんとの一戦です 
お互いに一歩も譲らず、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい一戦です



 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【戦術】麻痺奥義を軸とした基本戦術

以前の記事 オリジナル奥義/麻痺奥義編 で麻痺奥義の事について書きました
今回は実際に麻痺奥義を使った基本戦術について書いていきたいと思います

ougi3.jpg

テクニックセットバランス型もしくはフェイント版チェーン型投げ縄を入れたセットを準備しましょう
アイテムセットは タカの羽強壮剤回復系アイテム、あとは好みでOKです

麻痺奥義はR2奥義の為、テクニックゲージをR2まで貯めなければいけません
geji.jpg
戦闘開始時のテクニックゲージ

テクニックゲージは敵に攻撃したりテクニックをキャンセルすることで貯まります
テクニックゲージを貯める為に、まず戦闘開始直後にタカの羽を使います
回避状態になるので、回避が切れるまでにテクニックキャンセル等でR2奥義を使える状態にします

開幕に羽を使う意味は回避状態の間に戦闘準備を整えるということ
これは麻痺奥義だけでなく回避奥義を軸にした場合も同じです
麻痺奥義の場合はテクニックゲージアクションゲージを貯めるのが目的です

ただ、キャンセルする時に投げ縄は1枠手元に残すようにキャンセルしていきましょう

無事、回避が切れるまでにR2までテクニックゲージが貯まればここからが攻めです
まず射程距離の長い投げ縄で相手を縛りましょう
nage.jpg

麻痺すればソーマをセットしている相手であればソーマを使用してきます
soma.jpg

ソーマを使った直後は相手は状態異常の回復手段がありません
そこにもう1撃 投げ縄で麻痺させるか 麻痺奥義で麻痺させれば完全にイニシアチィブを得る事ができます

麻痺奥義はフェイント属性なのでフェイントでチェーンさせるか強壮剤クリティカルで一気に倒しましょう
kyousou.jpg
麻痺している相手は回避も無効になるのでフェイントチェーンと強壮剤を上手く使えば
麻痺している間に600以上のダメージを与える事ができます 勝ったも同然ですね!

では、実際に麻痺奥義での戦いをご覧頂きましょう



3戦目が一番理想的な流れですね 4戦目は対抗された時の場合です
麻痺奥義は運にも左右されます 4戦目のような流れになってしまうとほぼ勝ち目はありません

回避奥義より安定感はありませんが、唯一回避奥義に対抗できる奥義です
回避主流の今こそ使ってみるのもいいかもしれませんね^^

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^

【基本】対人・決闘におけるアイテムセット

前回の記事、対人・決闘におけるテクニックセットでテクニックセットの重要性について書きました
テクニックセットと同じぐらい戦局に影響を与えるのがアイテムセットです!
今回は対人戦におけるアイテムセットについて書いていきたいと思います

まず、私が対人で使えると思うアイテムを書き出していきますね!

回復アイテム(単体)
秘伝の治療薬ゲージ70 再使用37.5秒 回復量250
医神の神薬ゲージ85 再使用45秒 回復量350
hiden.jpgishin.jpg

回復アイテム(複数)
ダヌの祈りゲージ40 再使用75秒 回復量200
メディチ家の秘薬
ゲージ100 再使用40秒 回復量400
danu.jpgmedi.jpg

状態異常回復アイテム
ソーマゲージ10 再使用18.7秒
解毒剤ゲージ25 再使用18.7秒
soma.jpggedo.jpg

完全回避アイテム
トビの羽ゲージ80 再使用75秒 効果8秒
タカの羽ゲージ100 再使用75秒 効果11秒
tobi.jpgtaka.jpg

漸次回復アイテム
タヒボジュースゲージ50 再使用22.5秒 回復量 毎秒3回復で18秒
tahibo.jpg

狂戦士アイテム
強壮剤ゲージ50 再使用75秒 効果15秒
kyousou.jpg

大体こんなもんですね この中で戦い方によって組み合わせを変えていきます
まずどんな相手かわからない場合、絶対に必要なアイテムが状態異常回復ソーマです
もし相手が麻痺系の罠をセットしていた場合、ソーマ無しではかなりの確率で負けます
保険という意味でもソーマはセットしておいた方がいいでしょう
艦隊戦では1種の状態回復では間に合わないので、解毒剤までセットする場合もあります

次に必須なのが回復アイテムですね!
通常は2種程セットしておいた方が安全です
1vs1であれば 秘伝の治療薬 ・ 医神の神薬をセットするのがベターでしょう
艦隊戦の場合はどちらかをダヌの祈りメディチ家の秘薬に差し替えるのもいいですね

そして私が絶対に外せないアイテム完全回避アイテムです
トビの羽タカの羽ですね! ゲージの消費と効果時間を考えながら
自分の使い易い方を使っていきましょう!私は戦う相手によって使い分けています

漸次回復アイテムタヒボジュース回復コンボを使う時に使用します
ジュース自体は54程度の回復量しかありませんが、漸次回復を使った直後に回復アイテム
使うとコンボが発生し、回復アイテムの効果が増大します
また漸次回復だけでなく、状態回復⇒回復アイテムを使用した際もコンボになります
大幅に体力を回復させたい時には回復コンボを使うと良いかもしれませんね!

そして最後に狂戦士アイテム強壮剤ですが、主に麻痺奥義系で戦う場合に使用します
一撃必殺系のアイテムですね! 相手の体力がある程度減っている場合に
麻痺奥義(フェイント)⇒強壮剤⇒クリティカル攻撃 200~300ダメは確定します
この連携はまず回復が間に合いません(相手はソーマを使うだけで限界です)
ただ、このコンボを使用して仕留め切れなかった場合は負けを覚悟した方がいいでしょう
通常攻撃しか出来ない状態になるので強壮剤の効果が切れるまで逃げるしかありません

では、最後に私が個人戦で普段使用しているアイテムセットを紹介します

soma.jpgtaka.jpg
hiden.jpgishin.jpg

自分の使い易いセットを見つけてみてくださいね!

 ←ブログランキング参加中 CLICKよろしくです^^
プロフィール

kisiri

Author:kisiri
大航海時代Zephyrosサーバー

これから陸戦をやってみたいと思ってる方、もっと陸戦を強くなりたいと思ってる方の為に、分かり易く私なりの陸戦理論を書き綴っていきます

私とお会いした事のある方はもちろん お会いした事のない方、鯖の違う方でも気軽にコメントくださいね^^

*********************

所属/セビリア商会「ReUnion」
複数の商会が合併して出来た商会

商会員まだまだ募集中です!
Tellにて気軽にお声掛け下さい^^

【D2L】陸戦リーグ
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2ブログランキング
ランキング参加中^^

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。